ジェットスター・ジャパンの予約は手荷物料金に要注意

手荷物料金も量に合わせて明確

しかし、問題がたくさん出たのかその後は改善されたようで、現在は自分でとても簡単にチェックできるようになっています。
荷物の量に合わせて料金も明確に書かれていますし、自分で選択しなければ予約を先に進めることすらできません。
でも、当初は文字通り目を皿のようにでもしない限りとても見つけられないような感じでした。
といっても私は目を皿のようにして確認したので、未然に防ぐことができたわけですが。
常に激安な旅をすることに重きを置いているので、私にとってこれは非常に重要なことです。
また、手荷物料金以外にも、最初に表示される料金にどんどん加算されていく可能性があるので気を抜くことはできません。
例えば、クレジットカード決済ができるのですが、限られたカード以外は数百円程度の手数料がかかります。
他には空港税なども加算されますが、これは全日空や日本航空でも同じようなものでしょう。
後は、オプションでチケットの日時変更が無料でできるようにするとか座席指定できるようにするなど、いろんな条件を追加したい場合には数千円〜数万円もの追加料金がかかります。
これはおそらく出張用に使うビジネスマンのためのオプションなのでしょう。
出張となると予定が変わることはしょっちゅうなものです。
しかし、ほとんど変更する可能性がない私などの暇な旅行者にとっては不要でしかありません。
そして、機内食を画面上でゆったり選べるというのは格安航空会社のホームページで気に入っているところです。
また、旅行保険なども選べるようになっていますが、たいていの人はクレジットカード会社で何らかの旅行保険に入っているものなのでこれも必要ないでしょう。
といっても、クレジットカード会社が保障してくれる内容は限られたものでしかないので、体が弱い人などは入っておくのも必要かもしれません。
しかし、風邪もひかないような私はこれも無用なのです。

ジェットスターのような格安会社が登場して嬉しい手荷物料金も量に合わせて明確